スポンサードリンク

ブックマークプラス by SEO対策

包茎のデメリットは、精神的苦痛と性交渉の痛み

包茎は、男性にとって大きな悩みであり性交渉の時の苦痛でもあるでしょう。

包茎と性生活は深く関わってきます。

【引用】

包茎だとうまく性交渉できないと言われることがありますが、
真性包茎だと勃起しても亀頭が露出しないために、うまく性交渉できません。
また、真性包茎(仮性包茎の場合も)だと無理に包皮を剥こうとすると亀頭にヒリヒリとした痛みをともなう場合もあり、こうなってしまうと本来快感であるはずの挿入が苦痛になってしまいます。

包茎だと性交渉がうまくいかない理由はそれだけではありません。

亀頭が包皮に覆われた状態だと、亀頭の成長を阻害することもあり、
いわゆる先細りのペニスになりがちなんだそうです。

先細りのペニスですと、亀頭が小さいわけですから性交渉の際に女性器への刺激(摩擦)が少なくなりがちです。
女性に対して快感を与えることが難しくなるわけですから、厳しいお言葉を言われてしまうかもしれません(T_T)

というわけで、包茎は見た目がカッコ悪いというだけでなく、ペニスそのものの機能に影響が出てしまう事があるようです。

*********ここまで**********

夫婦の性生活を充実させる為、自分に自信を取り戻す為にも信頼できる医者に診てもらいましょう。
治らない病気ではなく、見てもらえば完治するのですから!

タグ:  
posted by houkei at 21:00 | TrackBack(0) | 包茎のデメリット
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/64658153
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。