スポンサードリンク

ブックマークプラス by SEO対策

包茎手術:保険は適用されるのか?

包茎の治療や手術を受けるのは良いが、治療代が心配だなぁ・・・という方もいらっしゃると思います。

そこで、包茎手術にかかる費用と健康保険が適用されるかどうかをご紹介しますね。

【引用】

真性包茎、カントン包茎の場合、生活に支障をきたす(=病気)と判断されることが多いです。
ですから、健康保険が適用され自己負担額はだいたい1万円〜3万円程度です。

仮性包茎の場合、生活に支障をきたすというよりはどちらかというとカッコ悪い、恥ずかしいと言った精神的問題と見なされるため、ほとんどの場合において健康保険は適用されません。

そしてもう一つ大事なポイントがあります。
包茎手術をやってくれる病院ですが、大きく分けて2つあります。
泌尿器科(外科)と形成外科等の専門病院(いわゆる美容外科といわれる病院・クリニックなど)です。

保険治療の対象になるのは泌尿器科(外科)での手術になるのですが、
泌尿器科で行われる手術方法は背面切開法、または環状切開法です。

背面切開法とは包皮に切れ目を入れる事で「とりあえず剥ける」ようにするための手術方法です。
長い皮は短くなりません。
真性包茎やカントン包茎を仮性包茎にするための手術です。
傷跡はあまり目立ちませんが、手術しても仮性包茎どまりまです。

環状切開法はペニスのまわりをグルッとひとまわり切れ目を入れて縫い縮める手術です。
たいていはクランプという器具をかぶせて切るのですが、個人のサイズに合わせて作られたものではないので目立つ場所に大きな傷跡ができます。
太い血管も一緒に切ってしまうので治るまですごく時間がかかるのと猛烈に腫れて痛い手術です。
傷跡は別に気にしないという人なら安くて良い手術ですが、若い人ならその傷跡に後悔することになると思います。

形成外科等の専門病院の場合、健康保険はききませんが個人のペニスに合わせた丁寧な手術をしてくれます。
女性の美容整形と同じイメージですので、縫合も丁寧で泌尿器科での手術に比べて傷跡が目立ちません。
また、血管の位置なども緻密に計算して手術してくれるので出血もすくなく、痛みも軽くなります。

包茎手術をしようと考えている人の多くは10代後半から30代の若い人が多いと思いますが、
せっかく決意して包茎手術に踏み切ったのに、その傷跡のおかげで逆にコンプレックスが強くなってしまったら元も子もありません。

ですから、真性包茎、カントン包茎の人でも健康保険が適用される泌尿器科での手術はオススメしません。

ちなみに、形成外科などの専門病院での手術費用はだいたい以下の通りです。

仮性包茎手術の相場はおおよそ8万〜16万円程度。
真性包茎、カントン包茎の手術の相場はおおよそ20万円前後です。

また、病院によっては学割が適用されるところもあります。

※すべての病院がこの範囲におさまる訳ではありません。手術を考えている人は必ず病院でしっかりと説明をうけてください。

最後に、悪徳な治療費ボッタクリ医院の存在には十分注意してください。
手術をする前は「総額15万円です」と説明をしておきながら、手術中に「傷跡が目立たない特殊な糸を使いましょう」とか「ついでに亀頭を大きくした方が良いですよ」「ペニスをもうすこし長くしましょう」などと追加追加で終わってみたら70万円です!のようなタケノコ剥ぎ的な悪徳医院も存在するようです。

まともな病院であれば最初に手術についてしっかりと説明してくれるはずです。
自分の将来に大きくかかわる手術ですので、納得いくまで説明を受けてから踏み切るようにしてくださいね。

**********ここまで**********

やはり、ぼったくり悪徳病院が存在するようですね。
まずは、すぐに病院に行くのではなくタウンページやネットで検索をかけたり、直接病院に電話をして様子を伺って親切な対応な所が安全だと思います。

包茎を治療して、人生を楽しく歩みませんか?

参考文献:包茎手術・治療のメリット・デメリット
http://www.houkei-nayami.com/faq/post_18.html
※このサイトは、管理人様が包茎の経験があるようですので経験談も交えながらの説明ですのでお薦めします。

  
posted by houkei at 21:00 | TrackBack(1) | 保険の適用について

この記事へのトラックバック

「仮性包茎手術」 に関する口コミ、評判、ショッピング情報のブログリンク集
Excerpt: 仮性包茎手術での検索結果をマッシュアップして最新ブログからの口コミや評判、ショッピング情報をまとめています
Weblog: ブログの口コミ、評判、いい商品!
Tracked: 2007-11-15 01:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。